トップ / 歯医者と他の医師の違い

歯医者さんになるための試験

誰でも一度は虫歯になったことがあるでしょうが、そんな時にかかることになるお医者さんが歯医者さんです。このお医者さんは、他のお医者さんとはその免許のあり方も違っていれば、そもそもがその資格試験そのものからして、他のお医者さんとは違います。これが医師と歯科医師との違いというもので、その資格はいずれも国家資格ですので、その資格試験はどちらも国家試験なのですが、医師になる場合には医師国家試験に合格しなければならなりません。それにに対して、歯科医師国家試験という別の試験に合格しなければならないのが歯医者なのです。

信頼できる歯科を選ぶ

歯科で治療を受ける時、受ける側として医師により治療方針が違うと大きな戸惑いを感じることになります。また、医師によって治療が違ってきた場合、それぞれの医師に治療方針について問い合わせなければならず、その分面倒もかかることになります。とくに、治療について説明を受けたとしても、専門的な知識がないと理解することが難しくなるため、その都度医師に問い合わせても理解が難しくなってしまいます。やはり安心して歯科での治療を受けるためには、担当医が変わらないところを選ぶべきでしょう。