トップ / 通いやすくなった歯科

予防歯科で歯の寿命を延ばす

高齢者になっても、自分の歯で食べ物をしっかり食べたいものです。そのためには、日ごろから歯の健康に気を使うことが大切です。たとえば、毎日の丁寧な歯磨きはもちろんのことですが、1年に一回は歯科医院に通い、虫歯のチャックや歯石の除去を行うことが大切です。歯科医院は虫歯になったら通うところというイメージがあるかもしれませんが、同時に虫歯や歯槽膿漏にならないように、予防するために通うということも大切なのです。このような習慣をきちんとつけることができれば、歯の寿命を大きく延ばすことができるようになることでしょう。

新しい歯科治療について

虫歯ができたら、歯科医院で歯を削って銀歯を詰めるのが、今までの一般的な治療でした。しかし、削ってしまった歯は二度と元の状態にはもどりません。そのために、できるだけ歯を削らないで済む方法が考案されました。新しい方法では、虫歯で柔らかくなってしまった部分だけを、すくい取るようにして除去します。健康な自分の歯を削ることはありません。その上で、虫歯菌を殺菌する成分の入った薬を置き、上から蓋をして治療が終わります。この方法を取り入れている歯科医院は少ないですが、痛みのない治療方法として、注目を集めています。