トップ / 歯科の嬉しいサービス

歯科医師になるために進学する

歯科医師になるためには、大学の歯学部に入学して、6年間専門的な勉強をした上で、国家試験を受けることになります。大学の歯学部というのは、現在国公立では医学部よりはかなり入りやすいのですが、それでも偏差値でも60程度は必要です。ですからある程度の受験勉強をしていく必要があります。私立大学では、それほど偏差値は高くないのですが、膨大な学費がかかるので、経済的に大変です。6年間で3000万円以上かかるようなところもたくさんあるのです。そう考えると、歯科医師になるのは、ハードルの高いことです。

かかりつけの歯科を持とう

人が生きていくうえで、口腔ケアはとても重要な1つになります。特に歯のケアは大事です。虫歯になると自然治癒はできないので治療が必要になります。子供もかかりつけを決めておけば、歯科の怖いイメージもなくなり、医師も治療しやすくなります。大人も、かかりつけがあれば、定期的に口の中の点検をしてもらい、歯石除去なども定期的にしてもらえます。妊婦の場合も歯茎などが荒れやすいのでケアが必要です。日常の歯磨き指導もしてもらえます。歯科を大切にすることは健康にもつながり、歳をとっても自分の歯で食べられることは幸せです。